歯ぐき下がり 改善 歯磨き粉

歯ぐき下がりを改善する歯磨き粉!

 

歯ぐき下がり,改善,歯磨き粉

 

 

歯茎が下がることを歯肉退縮といい、歯周病や加齢、誤ったブラッシング方法が原因といわれています。

 

特に歯周病が進行するとなりやすく、こうなると歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなったり、歯茎がしみる知覚過敏になります。

 

歯の根元の柔らかい象牙質といわれる部分が露出し、この部分は細菌が侵入しやすいために虫歯にもなりやすくなってしまいます。

 

見た目にも良くなく、せっかくの素晴らしい笑顔も台無しになってしまいます。

 

こうならないためには一番の原因である歯周病を予防することが大事です。

 

そこで、歯周病に効果のある人気の歯磨き粉をランキング形式でご紹介します。

 

 

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

 

歯ぐき下がり,改善,歯磨き粉

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特性は

 

・ひときわ強力なブラジル産プロポリスを含有

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果がとても高いのが特色で、その殺菌力で歯周病や口臭を防ぎます。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しづらい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病や口臭を予防します。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用により歯垢の形成を抑制し歯周病や口臭を抑制します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血の巡りを促し歯茎を活性化させることにより歯周病や口臭を抑制します。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を防ぎます。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があって歯周病の炎症を軽減させます。

 

・茶エキス

 

  消臭効果が認められるので歯周病が元となる口臭に効き目を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行活性化作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を抑制します。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで馴染ませることが可能になります。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は含有していません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

 

歯ぐき下がり,改善,歯磨き粉

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・延べ750万本も売り上げ実績のある人気商品。

 

・殺菌効果のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌、口臭を抑制します。

 

・歯茎の血の流れを良くして、歯周病を抑止します。

 

・生薬から抽出されたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病を抑制します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医師との共同開発

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

 

歯ぐき下がり,改善,歯磨き粉

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに書かれてる成分などが適切なのか、原料などの項目があり、専門家や評論家が審査をします。

 

・ハイクオリティーな天王柿の柿渋エキスを含有

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があって、歯周病の症状や口臭を抑制します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んでいません。

 

・サンゴや貝殻など、自然界由来の研磨剤を利用

 

・なたまめエキスを含有

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善、口臭に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の防止に効果を発揮します。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

 

歯ぐき下がり,改善,歯磨き粉

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分にとどまらず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを再生し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑止する

 

・マクロゴール400

 

  喫煙のヤニなど歯に固着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などの雑菌を殺菌する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑止する

 

・ゼオライト

 

  歯石の固着を防ぎ虫歯を阻止

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を殺菌する

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血や腫れを抑える

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌する

 

・これ一本でお口の悩みのほとんどを補います。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

 

歯ぐき下がり,改善,歯磨き粉

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

この商品は歯磨き粉ではないですが、歯磨きのみではどうしても口臭が無くならないという方に大評判の商品です。

 

口の中に「シュッ」と噴き付けるだけで、口臭が無くなります。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑制します。

 

この他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果を発揮します。

 

しかも、持ち歩きが便利なので時間や場所に関係なく気になったときに使うことができます。

 

素早い効き目もあり、スプレーして速攻で口臭を抑えることができます。

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

 

 

歯茎が下がる原因とは?

 

 

歯周病

 

歯周病が進行すると歯茎が下がってきます。

 

歯槽骨が溶けて後退してしまうためで、歯茎も一緒に下がってしまいます。

 

歯ぐき下がりで一番多いのは歯周病によるものです。

 

日本人の約8割の方が歯周病にかかっているといわれています。

 

サイレントキラーなどと呼ばれ、自覚症状がほとんどありません。

 

なので、、普段の歯周病予防がとても大事になってきます。

 

 

 

誤った歯磨き

 

強くブラッシングすることによって次第に歯茎が下がってしまいます。

 

硬めの歯ブラシでブラッシングすることが好きな方もいますが、硬い歯ブラシでゴシゴシ磨くと歯茎や歯を傷付けてしまいます。

 

やわらかい歯ブラシで、毛先の弾力を利用して細かく磨くようにしましょう。

 

そうすることによって歯と歯茎の間の歯周ポケットに毛先が入り、歯周病菌などの雑菌をかき出してくれます。

 

 

・食後の歯磨きについて

 

食後にすぐ歯を磨いている方は注意してください。

 

歯の表面は固いエナメル質でできていますが、食後口の中が賛成になっているためにこのエナメル質が柔らかくなっています。

 

そこへ研磨剤の入った歯磨き粉を使って歯をゴシゴシ洗うのはよくありません。

 

歯を傷つけてしまい、傷の中で雑菌が繁殖してしまいます。

 

食後30分ぐらいすると口の中が中和され、再石灰化によってエナメル質が硬くなりますので、それから磨くようにしましょう。

 

 

・乾いた歯ブラシを使う

 

歯磨き粉を付ける前に歯ブラシを水で流す方も多いと思います。

 

気分的なものですが、水を付けてからだと泡立ちが良くなってしまい短時間でよく磨いた区分になってしまい、結果磨き残しが多くなってしまいます。

 

なるべく乾いた歯ブラシに歯磨き粉を付けて磨くようにしましょう。

 

 

・電動歯ブラシについて

 

電動歯ブラシはとても素晴らしいですが、ただ、しっかり磨くにはブラシをしっかり歯に当てなければなりません。

 

磨き残しがないように上手に当てることができなければ、いい電動歯ブラシを使っても全く意味がありません。

 

 

・ゆすぎ過ぎ

 

歯磨き粉はどうしても石鹸というイメージが強くて、磨いた後はたっぷりの水でしっかりゆすいでしまいがちです。

 

しかし、ゆすぎ過ぎるとせっかく歯磨き粉の含まれている有効成分まできれいに流し切ってしまいます。

 

歯磨き粉の効果を最大限発揮させるためにも、軽くゆすぐ程度にしましょう。

 

 

 

 

 

歯茎が下がることによるデメリット

 

老ける

 

見た目が老けてきて印象があまり良くありません。

 

歯が長くなってきて、歯と歯の間も隙間ができてきます。

 

若い人の歯ぐきはハリのあるピンク色をしています。

 

笑ったときの印象が全然違いますね。

 

 

歯が弱くなってくる

 

歯茎の高さは歯を支えている歯槽骨の高さとだいたい同じです。

 

歯周病で歯茎が下がって歯が長くなってきているということはその分支えているところが少なくなってきています。

 

例えば、砂で小さな山を作りそこへ棒を刺して立てます。

 

深く刺さっているときは丈夫ですが、周りの砂を削っていくと棒が露出してきて最期には支えきれなくなって棒が倒れてしまいます。

 

これと同じで歯茎が下がってきているということは、歯を支える力も弱くなってきています。

 

 

口臭が気になる

 

歯茎が下がってきているということは、歯周病に感染しているということです。

 

歯周病菌が増殖すると菌が臭いを放出しますので、口臭がきつくなってきます。

 

 

 

 

 

歯ぐき下がりを予防する方法

 

歯茎が下がるのを予防するには、とにかく一番の原因である歯周病にかからないようにすることです。

 

歯周病を予防するには丁寧にブラッシングすることです。

 

丁寧なブラッシングを行うために歯ブラシも自分に合ったものを選ぶことが重要です。

 

・やわらかい毛のもの
・ヘッドの小さいもの

 

この2点に注意して歯ブラシを選んでください。

 

歯磨き粉も専用のものを使うのがおすすめです。

 

成分をしっかりチェックして、歯周病予防に効果のあるものを選んでください。

 

よく分からない場合は、人気のある物を使っていれば、まず間違いありません。

 

デンタルフロスも併用して歯と歯の間もきれいにしましょう。

 

歯と歯の間が狭い方は歯ブラシでは汚れが取り切れません。

 

歯周病の原因である歯垢が少しづつたまってしまい、やがて歯石になって雑菌の住処になってしまいます。

 

磨くときには歯周ポケットに歯垢がたまりやすいので、歯周ポケットの中に毛先が入るように斜めにはブラシを当ててください。

 

毛先の弾力を利用して歯垢を掻き出すように軽く小刻みに動かしましょう。

 

 

 

 

 

 

下がった歯ぐきを治す方法は?

 

下がった歯ぐきを治療する方法を簡単にご紹介します。

 

 

ヒアルロン酸注射

 

ヒアルロン酸注射といえば美容外科のしわ取りで使われているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

シワの部分にヒアルロン酸を注射して、たるんだ部分にハリを与えます。

 

之と同じように歯茎の下がった部分に注入して、歯茎を盛り上げるというものです。

 

でも、しわ取りの場合と同じく効果は一時的で、時間とともに元に戻ってしまいます。

 

 

GTR法

 

溶けてしまった歯槽骨を人工的に再生させる方法です。

 

治療には数ヶ月と、かなりの時間がかかります。

 

治療中、治療後ともに歯周病菌の繁殖を徹底的に防がなくてはならないので衛生管理が非常に大変な治療方法です。

 

 

エムドゲイン法

 

歯周病で溶けてしまった歯槽骨を薬を使って再生します。

 

飲み薬ではなく、簡単な手術が必要で、歯肉を切り開いて直接薬を塗ります。

 

手術後は感染症を防ぐためにしばらくの間定期的に消毒薬で口の中を洗浄します。

 

完治した後も定期的な検査が必要になります。

 

 

 

 

 

歯周病に効果のある歯磨き粉の選び方

 

 

殺菌効果のあるもの

 

歯周病は感染して、初めのうちはあまり症状がなく気付かないことが多いです。

 

次第に歯茎が腫れたりちょっとしたことで出血するようになります。

 

それでもこの程度ならそのうち治るだろうと放置する人が多いと思います。

 

症状がひどくなってくると、歯を支えている歯槽骨という骨がだんだん溶けてきて最終的には歯を支えきれずに抜けてしまいます。

 

歯茎は歯槽骨の高さと比例していますので、歯槽骨が溶けてくるとともに歯ぐきも下がってきてしまいます。

 

このように歯周病菌の増殖をそのままにしておくと歯茎がどんどん下がってしまいます。

 

丁寧な歯磨きも大事ですが、歯周病菌を殺菌する作用のある歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

 

殺菌効果のある成分には以下のものがあります。

 

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
・塩化セチルビリジニウム(CPC)
・塩酸クロルヘキシジン
・酢酸dl-α-トコフェロール

 

他にも天然成分で殺菌作用のあるものを使用しているものもあります。

 

 

 

炎症を抑える効果のあるもの

 

歯茎ががれてくると痛みを伴ってきますので、炎症を抑える効果のある歯磨き粉を選びましょう。

 

痛み以外にも出血もするようになり、口臭が気になってきます。

 

また、歯茎が腫れていると歯周ポケットがその分深くなってしまい、歯ブラシの毛先が歯周ポケットの奥まで届かなくなるので、歯周病菌が増殖しやすくなります。

 

 

 

研磨剤を含まないもの

 

研磨剤は、歯を白くするために歯を磨いて黄ばみを取るために配合されているものです。

 

歯周病に感染して歯茎が下がってくると、象牙質という歯の根元の柔らかい部分が露出してきます。

 

そのやわらかい部分を研磨剤の入った歯磨き粉で磨くと傷ついてしまいます。

 

この傷に歯周病菌が入り込み増殖してしまいます。

 

なので、歯周病の歯磨き粉を選ぶ際には研磨剤を含まないものを選ぶほうがいいでしょう。

 

研磨剤の成分には以下ものもがあります。

 

・リン酸水素カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸
・炭酸カルシウム

 

研磨剤は清掃剤と表記されていることが多いようです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

歯茎が下がってしまったのを治すには治療するしかありません。

 

かなり手間のかかる治療になるので大変です。

 

そうならないために、歯茎が下がりの一番の原因である歯周病の予防を心がけるようにしましょう。

 

歯周病の予防で大切なことは丁寧なブラッシングです。

 

ブラッシングするときに歯周病専用の歯磨きを使えばもっと効果的です。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】